エネルギー・環境教育セミナー 報告書


テーマ: エネルギー・環境教育セミナー
開催日時:

平成30年11月29日(木) 14:00 〜 17:00

場  所: 福井商工会議所ビル 地下 国際ホール
主  催: 福井県環境・エネルギー懇話会
共  催: 近畿・北陸エネルギー教育地域会議(資源エネルギー庁)
後  援: 福井県教育委員会
福井市教育委員会
■実践事例発表T

テーマ

円山のエネルギー環境教育 〜モデル校からシニア校へ〜
発 表:

札幌市立円山小学校 教諭 杉野 さち子 氏

(要旨)

1.教職員の共通理解

 本校は、札幌市内でも各教科をしっかり研究している先生がそろっている学校で、自分たちの信念を持って、プロとして各教科を進めています。また、本校は教育課程の研究をしていることもあり、エネルギー教育が入り込む余地がない状況からのスタートでした。そこで大事になるのが仲間づくりです。先生方に必要だと思ってもらえるように、逆に教育課程研究に位置付けてしまえば、ずっと取り組めるのではないかと考えました。

 そこで、教職員の共通理解を得るために、手荒なことをしました。例えば先生方に、予算を頂いて買った送風機などの備品を提示して、「皆さん、エネルギー・環境に興味がありますか」と言うと、しーんとするのですが、「実はこれも予算で買ったものなのです」と言いながら、エネルギー教育が大事だという話をしました。当時はまだエネルギー自給率が6%だったので、社会的背景からも重要であるという話をして、だんだんと仲間を増やしていきました。

 さらに子どもたちは、エネルギーについてもっと詳しく知りたいと思っている子がずっと多かったのです。そこで、「かべ新聞コンテスト」に参加したい人を募ったところ、たくさんの子が応募しました。そのような状況を教職員に見てもらって、子どもたちにとって必要ではないかということで始めました。

2.教育課程への位置付け

 エネルギー教育モデル校の最終年は、「円山のエネルギー環境教育の発信と発展」というテーマを設定しました。この年に行っていた研究会の重点は二つあります。一つは、モデル校の「四つの課題」に迫る授業づくりです。それは年間指導計画にもしっかりと位置付けられたものであり、研究会で公開もしました。

 もう一つは、特に指導案を作らずに、日々の授業で目指す子ども像を明らかにすることを大事にしました。低学年はエネルギーを「感じる」、中学年は「知る・使う」、高学年はより広い視野で「考える」ことを日々やっていこうという提案でした。

 授業実践を一つ紹介したいと思います。この年の研究会では、5年家庭科で「寒い季節を快適に」という授業実践をしました。北海道にとっては本当に切実な問題なのですが、子どもたちは暑さや寒さを調整する意識があまりありません。そのことをきっかけにしながら、導入部分では日本の、自給率の問題やCO2排出量の増加などを資料としてこちらから提示しました。そうすることで、寒い季節を快適に過ごすことの中には、環境に配慮することも含まれているのだという新しい見方が子どもたちの中に生まれました。

 エネルギーに全く関わっていなかった子どもたちだったので、グラフを見て子どもたちは、「こんなに自給率が少ないなんて驚いた」「食料自給率とは全然比べものにならないではないか」「エネルギーをたくさん使わずに暖める方法もあるのではないか」と考えました。そこから入っていって、これまで「快適さ」といわれてきた「暖かい」「明るい」「健康・元気」という三つの視点に対して、環境が位置付けられるということから学習がスタートしました。

 驚くことに、冬の室内温度調査ランキングで一番高いのは北海道なのです。そして、薄着ランキングでは沖縄県に次いで北海道が2位なのです。冬にストーブをガンガンたいて、Tシャツでアイスクリームを食べているのが北海道では普通なのです。子どもたちがすごく短いスカートをはいて、暖房の設定温度を高くしているというように。子どもたちは、これを何とかしたいという問題意識を持つようになりました。

 最初に、さまざまな手袋を用意して、どのような着方をすればいいのかを考えました。これは小学校家庭科の単元目標そのものです。

 実際に、エネルギーの予算で買った送風機を使いました。そうすると、「ビニールは暖かいけど、汗をかいたときに困る」とか、「組み合わせによっては暖かく感じない」など、いろいろなことに気付きます。

 次に、服装でやってみました。サーモグラフィを用いて、違いを可視化する活動をしたところ、温度が2℃も違うことが分かりました。ということは、重ね着をするときには着る順番と素材が大事だということが見えてきました。これももちろん家庭科そのものの内容です。どの児童も最後のまとめでは、暖かく過ごす工夫について書くことができました。

 成果としては、各教科の中にエネルギー・環境教育の視点を入れることで、教科そのものの学習も良くなるし、子どもの思考が活性化することもできたのです。それから、日常の授業の中で取り組むことで、先生方も続けていけるのではないかということが分かりました。それほど大変な思いをしなくても子どもの変容につながるのならやってみようかというふうに広がるのではないかと期待したのです。

3.シニア校としての取り組み

 そして、シニア校になりました。もういいかなという空気もありました。そして人も変わっていきました。今までやってくれた先生が低学年に下りてしまったりして家庭科ができない状況になるなど、いろいろなことが起きました。

 でも、そうも言っていられないので、どうしようかと思っていたら、私は理科専科から担任になりました。担任としてできることをしようということで、まず総合的な学習の時間に系統立てて入れたら他の教科との関連が図られるのではないか、また行事との関連付けをしたら、学校として続けざるを得ないのではないかと考え、作戦を立て直しました。

 シニア校としては継続をテーマに行っていきました。まず、5年生の総合的な学習の時間で、「札幌のエコ」という単元をつくりました。円山小学校でも屋上にソーラーパネルが設置されていますが、その存在に気付いている人は少ないです。そして、太陽光発電量などを表示したパネルがエントランスホールに常時あるのですが、先生を含めて見ている人はほとんどいません。これを提示して、今日はどれくらいの電力を使って、そのうち自分たちで発電した量はどれだけで、CO2の排出をこれだけ削減できたということを示します。子どもたちは「それだけしか使っていないの?」とかなり驚きました。

 そして、いろいろなグラフを見せました。「季節のせいではないか」「天気のせいかもしれない」「時間帯ではないか」と言っていたのですが、考えていくと、そうではないという話になりました。子どもたちは「このままでいいの?せっかくパネルがあるのに何か意味があるの?」ということからいろいろな課題を持って、自分たちで調べていきました。

 実際には、副読本「かがやけみんなのエネルギー」を用いて、調べる活動をしました。また、近くには円山動物園があります。ここは札幌市から次世代エネルギーパークとして認定されている場所です。例えば、レッサーパンダは暑さに弱いので、冬の間に取っておいた雪や氷を使ってクーラー代わりにしています。そういったことも含めてエコを考える時間にしました。難しくて分からないことは、札幌市環境局の方にお話を聞きました。また、別のエネルギーについて調べようということで、石狩LNG基地にも見学に行きました。

 そして、彼らなりに分かったことを発信するため、エネルギーかべ新聞コンテストに応募しました。

 私は今年、6年生の担任になったので、6年生でも総合的な学習の時間で、「12年後の電源構成を考えよう」という授業をつくりました。最初の時間に、子どもとエネルギーとはどんなものかという話をしました。いろいろなところで使われているということを確認した上で、エネルギーの中で電気が占める割合がとても多いことに子どもたちは気付きました。そして、直接ではないエネルギーもたくさんあり、自分たちの生活は電気エネルギーなしには成り立たないという話になりました。

 今回大事にしたかったのは3E+Sです。それを子どもたちから導き出したいと考えました。私たちが言うのではなくて子どもたちが見つけていくことが、きっとこれからいろいろなことを判断する上での評価基準になると思ったからです。

 では、子どもたちがどうやって3E+Sを導き出したかというと、2010年と2015年の電力ミックスを見比べることから始まりました。「2015年は原子力が減っていて、火力が増えている」「原子力が減ったということは、事故があったからでしょう」「火力が増えているけど、理科で習ったようにCO2がたくさん出てしまうことになる。環境は大丈夫なの?」といった意見が出ました。また、自給率を示すことで、「他の国とけんかになったら大変ではないか」「もし打ち切られたらどうするのか」ということから、安定供給の問題や経済的な問題が出てきました。このように四つ出てきたわけです。

 この時点でみんなが心配だと言ったことを「安全」「環境」「安定供給」「経済効率」の大きく四つにくくりました。「これが日本の政府が考えている3E+Sであり、みんなも考えていることなのだ」と言うと、子どもたちはとても満足して、「そうか、僕たちと同じことを政府は考えているのだね」と言っていました。実際は逆で、政府の考えに子どもが気付いたということなのですが、子どもたちは自信を持って調べ始めました。

 自分たちで考えた3E+Sで、それぞれの発電方法を評価する活動を行いました。小学生なので、分かりやすく火力、原子力、再生可能エネルギーの三つに分けました。板書では、例えば火力では、ベネフィットの部分を赤で、リスクの部分を青で書いて、「経済効率」「環境」は悪いという結論を得ています。これも自分たちだけでなく、個人・グループ・全体で話し合いながらだんだん変えていくこともありました。

 これが可能な理由は、みんなの知識のベースがフラットだからではないかと思っています。算数や国語とは違って、元々の知識にあまり関係なく、本当に未来が変わるかもしれないというふうに考えられるからこそ、子どもたちは夢中になって取り組んだのではないかと思います。

 同じように原子力と再生可能エネルギーについても調べました。原子力発電について調べる中で、「核のごみ」のことを言った子がたまたまいました。それはどうなっていくのだろうという疑問が生じたので、原子力発電環境整備機構(NUMO)の地層処分の資料も配りました。ただ、授業できちんと取り扱ったわけではありません。現在、別の北海道の教員が授業に取り入れようと取り組んでいます。また、再生可能エネルギーについては、水力は10%しかできないということをこちらからあらかじめ示しました。

 それぞれの発電方法を評価したうえで、自分たちの電源構成案を考えました。12年後にどうなっていてほしいかということです。写真では、子どもたちは発電方法に対する自分たちの評価を見比べながら、「一つに偏ったらまずいよね」「幾つか組み合わせないと、やはり危険だと思う」「だけど、火力は今から減らさないと難しいのではないか」という話をしています。

 その結果、極端な子はいなくて、大体3分割ぐらいにしています。その中で子どもたちが、なぜそうしたのかという根拠について話をする時間を設けました。例えば「再エネが安定と経済性の観点でもっと発展することがあるならば、これだけ再エネを増やしても、いけるかもしれない。今のままでは無理だけどね」という意見がありました。「全体の使用量を減らさなければならない」ということもいう子どももいました。それから、「もっと原子力の安全性を高めていって、みんながそれを分かるようになっていけばいいはずだ」と考える子もいました。

 全員が、それぞれ考えた電源構成のバランスをグラフにしました。バランスはそれぞれ違いますが、3E+Sという根拠を明確にしてバランスを考えていた子がほとんどでした。ディスカッションをして子どもたち同士で合意形成を図る中で、考えを強くしたり変えたりしました。根拠を記述できなかった子は1名でした。

 最後に、2030年の政府案を出して、それについて賛成・反対を根拠を持って議論する場を設けました。賛成が多いのですが、反対の方も条件付き賛成になっています。例えば、いつも誰かがけんかしていると「まあまあ」と言う子などは、「仕方がないのではないか。原子力の不満が国民にはあるから、大丈夫かもしれないけど政府はその中間を取ってそうしたのではないか。理解してあげようよ」と言っていました。一方、厳しい子は、「火力はまだ多いと思うけど、経済性・安定供給の理由から石油を減らしていくことについては評価できるのではないか」と言っていました。そういうふうに条件付きで賛成の子もいましたが、ほとんどが賛成という形で、あとはもっと自分たちで変えていきたいという思いを持ったようです。

 そのときのカードによると、ある子は、「2015年よりも確かにCO2排出量が減りそうで良かった。でも、原子力をもっと増やしていかなければ駄目なのではないでしょうか」と書いていました。またある子は「自分たちだけではなくて、いろいろな人が考えていることにとても感動した」と書いていました。

 それから、「日本ではこういう状況だけど、国によっては状況が違うのではないか」と言って、冬休みに調べた子や、「新たな技術を開発したら可能性がもっと増えるかもしれない。そういったこともやってみたい」という意見など、未来に向けて明るい展望が見えた感じでこの授業を終えました。

 結局、根拠を持てなかった1人はずっと持てなかったのですが、ディスカッションを経た後、最終的には「そうか。経済性が重要だ」というふうにして、全員が根拠を持つことができました。

 その他、行事と結び付けるということで修学旅行で苫小牧にある野菜工場を見学しました。栽培の暖房に使ったCO2を野菜の栽培に再利用していることを学んだり、他にもバイオマスなどいろいろな発電を活用していることを知ったりして、エネルギーの視点で野菜工場を見学する姿が見られました。

 また、6年生の国語と関連して意見文を書く授業もしました。政府にものを言いたいということで、子どもたちは熱い思いを持ってかべ新聞に意見文を書いていました。上の方に自分たちが考えた電力ミックスのプランを書いて、次に「なぜならば」ということを書いています。

 このように総合的な学習の時間や教科、行事との関連を図りました。成果の一つは、実際の学習と関連付けることで、学んだことを実生活に生かそうとする子どもの姿を見られたということです。そして、教職員の「やらなければならない状況になった」という意識を高めるという可能性を見いだすことができたと思いました。

4.これからについて

 これからは新学習指導要領とつなげることで、取り組みが続いてくれるのではないかという願いを持つようになりました。

 そして、北海道胆振東部で大きな地震がありました。ブラックアウトが発生し、辺りが真っ暗になりました。私が住んでいるススキノは世帯数が少なく、電力をたくさん使うので、恐らく復旧が最後になったのではないかと思いますが、2日以上真っ暗でした。真っ暗ということは信号も動かなくなります。そして、水道が使えない所では公園に人が並び、スーパーからは物がなくなりました。

 子どもたちは、2日間臨時休校でした。そして土日を挟んで月曜日に登校したときは本当にうれしそうでした。そのときに、「電気は当たり前ではないのだね」と言っていました。エネルギーについて学ばなければここまで実感できなかったのではないかと思います。「やはりミックスしないと駄目だ」と言う子もいました。それは小学生なりの素直な感想だったのかなと思いました。

 これを生かせないかということで、昨日まで「電気の利用」に関する授業実践をしてきました。今回の地震は夏だったので、お湯が出なかったり、暖房がなかったりしても大丈夫でしたが、もし冬にブラックアウトがあったらどうするかという話をしました。

 そこで、手回し発電機と光電池について、どれだけ電気を作って使うことができるかを比べてみました。光電池は一定に使えるけれども、天候にとても左右されるので不安定です。一方、手回し発電機はいつでも使えますが、すごく疲れます。

 この二つを克服する方法はないかということで、何か蓄えるものがあればいけるのではないかと彼らは本気で考えました。ブラックアウトになったときに家で役立てようと思って、6年生は考えているわけです。では、コンデンサーに蓄えて使おうということで、彼らはお得かどうかという基準を持つことにしました。今使っているコンデンサーに対して、彼らはどれだけ蓄えたか、何分間使えたかということでお得かどうかを決めて、班ごとにそれぞれが設定した条件で調べていました。

 光は、使えるけれども得は少しだけです。これは豆電球を使っていたためで、この後、工夫してLEDにしたところ、「お得だ」ということになりました。熱は電熱線カッターを使い、線の太さや長さを変えていろいろ工夫しましたが、2分ためても数十秒しか使えないので難しいということになりました。灯油やガスなどいろいろありますが、電気の利用という単元の中ではちょっと難しいということになりました。

 そして子どもたちは、夏だったらいけるけれども冬は難しいという結論を出しました。ではどうするかというと、やはり節電しかないという話になりました。「これまでも節電をしてきたでしょう」と話したところ、「もっとうまくできないだろうか」と考えました。今まで、節電というと我慢というイメージがあったと思います。しかし、冬に節電するのは難しいので、我慢ではなくて科学技術の力を使って節電できないだろうかということで、プログラミングに入っていきました。

 「寝室の照明を工夫しよう」という設定にして、手回し発電機で作った電気を蓄えてLEDを光らせるプログラムを考えました。実際に生活でも使えるようなプログラミング・キットを使っています。プログラミングでセンサーを付ければ、好きなときに電気をつけたり消したりできるし、要らないときに消せるので、無駄なく使えるのではないかということで昨日まで取り組んできました。

 ただ、節電で始まったはずなのですが、子どもたちは楽しんでどんどん広げています。音が出るようになったり、扇風機が回るようになったり、いろいろなことになっているのです。それが本当に無駄なくできているのかを見直す授業を12月3日に行いたいと思っています。

 無駄なくできているかどうかを追求していくと、例えば2人部屋にいて、お姉ちゃんが来たときには電気が消えるようなシステムにする、すぐ寝る人と時間がかかる人、寝るときに明るいのがいい人、暗いのがいい人なども具体的にイメージしながら、いろいろな人にとっていいものがプログラミングではないかということを、子どもたち同士で合意形成を図りながらやっていきたいと思っています。

 ということで、円山のエネルギー・環境教育をいろいろなものと関連付けて、価値のあるものとすることで続いていってほしいと思っています。

 

Copyright(c) The Society for Environment & Energy in Fukui Prefecture All Rights Reserved.