エネルギー・環境教育セミナー 報告書


テーマ: エネルギー・環境教育セミナー
開催日時:

平成26年11月20日(木) 14:00 〜 17:00

場  所: 福井商工会議所ビル 地下 コンベンションホール
主  催: 経済産業省資源エネルギー庁
主  管: 福井県環境・エネルギー懇話会
公益財団法人 日本科学技術振興財団
後  援: 福井県教育委員会
福井市教育委員会
■ 総合講評
 

京都教育大学 教授 山下 宏文 氏

プロフィール

1982年 東京学芸大学大学院教育学研究科修了。
東京都の公立小学校教諭、京都教育大学教育学部助教授、等を経て2002年より現職。
専門分野は環境教育、社会科教育。日本エネルギー環境教育学会顧問、日本教材学会常任理事、他。2003年より福井県環境・エネルギー懇話会の専門委員会である環境・エネルギー教育問題懇談会の座長。

(要旨)

 澤先生の基調講演は、他ではあまり聞けないところまで踏み込んでいただけたと思います。その後の実践事例発表は、それぞれ工夫しながらエネルギー環境教育に取り組んでおられて、一つの在り方のようなものを示していただけたと感じます。そして、このパネルディスカッションでは、これからのエネルギー環境教育の在り方を考えていくヒント、手だてをお示しいただき、多くのことを学べたのではないかと思っています。

 私は、エネルギー環境教育は新しい局面を迎えているのではないかと考えています。2011年の年が明けたころは、次年度には新教育課程が実施され、エネルギー環境教育も盛り上がっていく雰囲気でしたが、震災があり、原子力発電所の事故があって、学校の中でのエネルギー環境教育は足踏みをしました。一つは国の考え方が分からなかったこともありますが、原子力の問題をどう扱うのかという難しさがあったことも理由になっていると思います。

 それまでは、エネルギー問題をどう解決していくのか、持続可能な社会にエネルギーの問題がどう関わっているのかを中心にエネルギー環境教育を考えていたと思うのですが、これからは、それはそのまま持ちながらも、学校教育の目的である学力形成の点からエネルギー環境教育を捉えていくことが大事ではないかと思っています。

 今、生きる力やキー・コンピテンシーといった学力観で子どもたちの学力を高めようとしており、その学力観は、持続可能な社会の実現に向かってということが前提になっていると思いますが、ESD(持続可能な開発のための教育)の理念は、今の教育が目指している方向とまさに重なってきています。

 例えば今年3月に出された、国立教育政策研究所の「学校における持続可能な発展のための教育(ECD)に関する研究」の最終報告書の中では、持続可能な社会づくりの構成概念として、多様性、相互性、有限性、公平性、連携性、責任性を挙げています。学校が学習指導で重視する能力・態度として、批判的に考える力、未来像を予測して計画を立てる力、多面的・総合的に考える力、コミュニケーションを行う力、他者と協力する態度、つながりを尊重する態度、進んで参加する態度が挙げられています。

 長岡第四小学校がエネルギー環境教育で育てようとしている力は、カリキュラムを見ると、課題を発見する力、学習したことを生活に生かす力、課題を追求する力、コミュニケーションする力、学習内容を深める力となっています。また、神戸大学附属中等教育学校で掲げている四つの力は、見つける力、調べる力、まとめる力、表現する力です。

 そして、次期の教育課程では、「基礎的・基本的な知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「学習意欲」という三つの柱からなる今の教育課程と同じ方向を取りながら、もっと実践力のようなものを前面に出していて、「思考力」、それを支える「基礎力」と、その思考力に基づいて行動する「実行力」が柱として提案されていくと思います。

 この基礎力、思考力、実践力と、ESDが掲げた能力や資質、エネルギー環境教育が育てようとしている資質は、まさに重なっていると言えるのではないかと思います。従って、エネルギー環境教育が、エネルギー問題の解決と持続可能な社会の実現に向かっていくことはこれまでと同じですが、今求められている学力を身に付けていくために有効なのだという見方も付け加えていく必要があると思っています。

 このセミナーは、今回で15回です。それだけ続いている分、学校の先生方へのアピールが弱くなってきているようにも思いますが、今度の教育課程と絡めた形でエネルギー環境教育を問題にしていくことが、エネルギー環境教育をさらに高めていく上で必要なのではないかと思います。次年度のこのセミナーでは、そういったところに焦点を当てていければと思います。以上でパネルディスカッションと総合講評を終わりにさせていただきます。パネラーの皆さん、どうもありがとうございました。

Copyright(c) The Society for Environment & Energy in Fukui Prefecture All Rights Reserved.