エネルギー・環境教育セミナー 報告書


テーマ: エネルギー・環境教育セミナー
開催日時:

平成26年11月20日(木) 14:00 〜 17:00

場  所: 福井商工会議所ビル 地下 コンベンションホール
主  催: 経済産業省資源エネルギー庁
主  管: 福井県環境・エネルギー懇話会
公益財団法人 日本科学技術振興財団
後  援: 福井県教育委員会
福井市教育委員会
■エネルギー・環境教育実践事例発表U

テーマ

「グローバルキャリア人を育成するエネルギー環境教育」
発 表:

神戸大学附属中等教育明石校舎  教諭 坂口 喜啓 氏

(要旨)

はじめに

 明石市は、「子午線の町」といわれています。シンボルである天文科学館、校舎の目の前には瀬戸内海が広がり、世界一のつり橋の明石海峡大橋もよく見えます。

 本校は大学の附属校なので教育研究を義務付けられていて、伝統的にいろいろな研究をしていますが、子を生かす研究、あるいはカリキュラム開発を常々行っています。最近はキャリア教育にも力を入れており、数年前にはエネルギー教育実践校の指定を受けました。

 本校は、国際的な視野を持ち、自らの未来を切り拓く「グローバルキャリア人」の育成に取り組んでいます。そのためには、「見つける力」「調べる力」「まとめる力」「発表する力」が必要です。そこで、本校では全ての教育課程を通してこの四つの力を付け、生きて働く力への転化を図ろうと考えています。

1.研究推進で大切に考えたこと

 研究推進に当たっては、本校らしい取り組み、中学校としての取り組み、教科をベースにした取り組みを重視しました。学ぶ主体は子どもにあるので、生徒を主体にしたカリキュラムをつくるようにし、以前にも教科同士の連携を図る取り組みをしていたので、そういうことができるのではないかと考えて取り組みました。

 それから、Kobeポート・インテリジェンス・プロジェクト学習(Kobeプロジェクト学習)という、神戸に位置する本校が世界に羽ばたく知的な基地となるような総合学習を、年間約50時間設けています。基礎期、充実期、発展期という2年単位の継続した取り組みの中で、エネルギーや環境学習に対する興味付けもできるのではないかと考えています。

2.授業実践において配慮した点

 授業実践においては、生徒を主体にした学習をベースに、柔軟な時間割を組んでいます。以前は特別なときに特別な時間割を組んでいましたが、発想を変えて、3週間単位で時間割を組むようにすると、教科の枠を超えた連携もしやすくなり、系統的な学習や幅広い実践展開など思い切ったことができると考えました。

 また、教科教室制を取り、国語、社会、数学、理科なども担当の教室に移動します。そうすると、子どもを待ち受けていろいろな準備ができ、前向きな授業体制になります。セット崩れや自習も起こりません。柔軟な時間割と教科教室制は、いろいろな効果を生むと感じています。

3.実践事例紹介

3-1.エネルギーと私たち

 Kobeプロジェクト学習は、2年生で取り組んだ学習です。地元にある発電所やエネルギー施設に見学に行くのですが、子どもたちを中心に、まず知ることからスタートします。地域にはどんな施設があるのかを調べて、実際にアポを取って行かせてもらって、その成果を発表します。エネルギーと人間の関係を見る中で「見つける力」と「調べる力」、施設に実際に行って学習のまとめをする中で「まとめる力」、発表をしっかりすることで 「表現する力」を付けるように取り組みました。

3-2.コンピュータを利用したエネルギー環境問題提言

 エネルギー環境問題についてはいろいろな教科で勉強してきているので、3年生になるとそれを成果として発表し、コンピュータを利用したマイ提言をしてもらいます。このときは、エネルギー環境カルタを製作しました。カルタには親しみがあり、自分の思いを絵や文字に凝縮して表していけます。

3-3.宇宙船地球号

 3年生の理科では、密閉された船内を「宇宙船地球号」に例えた学習を行いました。いろいろな学習を積み重ねてきているので、それに基づいて友達と議論し合います。その中で地球環境のさまざまな問題点を感じ、それぞれの意見を聞き合い、さまざまな視点から問題が浮かび上がる学習になったのではないかと思います。

3-4.ディベート的な学習を生かしたエネルギー教育

 社会科では、例えば、「日本は原子力発電所を廃止すべし、是か否か」というテーマについてそれぞれの立場に立って調べて、ゲーム的要素のある手法を取り入れながら、みんなが見ている前で議論し、最終的に決を取るという学習を行いました。原発の是非、事故の危険性やリスク、エネルギーの安定供給について調べ、自ら発表する中で、理科と同じ四つの力が培われたのではないかと考えています。

 必ず発表の場を設けることで問題を共有化し、豊かな表現力が培われるという効果があるように思います。

4.実践後の成果

 事後アンケートでは、子どもたちの方から関心が高まったとか、新たな発見があったという声も聞かれました。発表の場があることで、自分の思いを伝える難しさと喜び、提言できた達成感や成就感を言ってくれる生徒も増えました。

 生徒の興味・関心が高まり、それが学校という場を離れても態度に表れるように持っていけたらと思いますし、社会的自立の土台づくりにも役立って、これがグリーバルキャリア人の育成にもつながっていくのではないかと考えています。

 指導した教師の側も、自らの教科の意義の見直し、各教科のつながりの意識化につながったのではないかと思います。

5.今後の展望

 今後も本校らしい追求をさらに進めて、明るい、ヒントになるものを子どもたちに持って帰らせるようなことができればと考えています。

 日本の現状認識として、少子・高齢化の進展、グローバル化の進展など、いろいろなことがいわれています。昨年度、第2期教育振興基本計画が閣議決定され、学校に求められるものが大きくなってきています。難しい問題が山積し、答えが一つに定まりません。以前の学校であれば、そういうことは排除し、はっきり答えのある学習をしていましたが、そういうものにも取り組めるような場を提供していく必要があると思います。

 いろいろな条件の下で、より最適な答えを見つけ出す力を付けるような場の設定も必要ではないかと考えています。


Copyright(c) The Society for Environment & Energy in Fukui Prefecture All Rights Reserved.