先生のためのセミナーレポート


テーマ: エネルギー・環境教育セミナー
開催日時: 平成20年11月27日(木)
場  所: 福井県生活学習館「ユー・アイ ふくい」 (福井市下六条町14−1)
主  催: 中部経済産業局 電力・ガス事業北陸支局
後  援: 福井県教育委員会、石川県教育委員会、富山県教育委員会
主  管: 福井県環境・エネルギー懇話会
■総合講評
 

京都教育大学 教授   山下 宏文 氏

プロフィール:

1982年 東京学芸大学大学院教育学研究科修了。
東京都の公立小学校教諭を経て、1996年に京都教育大学教育学部助教授、2002年より現職。専門分野は環境教育、社会科教育。主な公職は、日本エネルギー環境教育学会副会長、日本教材学会常任理事など。2003年より福井県環境・エネルギー懇話会の専門委員会である環境・エネルギー教育問題懇談会の座長。主な著書に『学校の中での環境教育』『「資源・エネルギー・環境」学習の基礎・基本』『エネルギー環境教育の理論と実践』など。

(要旨)

 今日のセミナーを踏まえて私の感じたこと、あるいは考えを少し述べたいと思っております。

  まず、このエネルギー環境教育セミナーが第10回を迎え、この福井の地で行われたということは非常に素晴らしいことと思っております。内容的にも非常に充実していて、これだけのものは大都市部でもできないと思っております。それを支えていただいた福井県の先生方と参加された先生に敬意を表したいと思っております。
  今度の教育課程の理念は何か、生きる力の継続です。その生きる力というのは、いわゆる知・徳・体です。その知・徳・体の知に当たる確かな学力を向上させるということに関して、今回は、確かな学力の要素として三つ、基礎的・基本的な知識・技能、それと思考力・判断力・表現力、それを支える学習意欲と言われました。これもそんなに取り立てて新しいことではない。今までも随分言われてまいりました。この学力をどうやって育てていくのかということで習得、活用、探究という三つの学習方法、学習活動が示されました。恐らく今学校では、この習得、活用、探究にどう取り組んでいこうかということが大きな課題になっているかと思います。
  しかし、さらに問題は、その思考力、判断力、表現力を何のために育てるのですか。実は、その部分を私たちは確認しなくてはいけない。子どもたちが将来この現実の社会の中でよりよく生きていけるようにするために、そういう力を育てるということであると思います。この現実の社会と離して、思考力だとか判断力を考えてもあまり意味がなくなってしまう。この現実の社会に子どもたちが生きていくということを考えていきますと、エネルギーの問題は非常に重要な問題になると思います。
  今日は、内山先生にこのエネルギーの問題について専門の立場から講演をいただきました。内山先生が話されたエネルギー問題を教育の立場からどういうふうにとらえていくかというと、このエネルギー環境教育が扱っていく問題は大きく三つあります。一つはエネルギー資源の問題です。このまま使い続けたらなくなるという資源に対して、教育はそれをどうとらえていなければならないのか。二つ目は、エネルギーの安定的確保であります。私たちのこの生活を成り立たせているエネルギーのわずか4%しか日本は自給できていません。96%は外国に依存しています。これからもどうこのエネルギーを安定的に確保していくのか、これを教育として子どもたちにきちんと伝えて、それに対応する力を育てていかなければならないのではないでしょうか。三つ目が地球温暖化の問題であります。
  エネルギー環境教育の進め方ということになりますが、今日の小学校、中学校のそれぞれの事例発表の中で具体的な進め方を示していただきました。このエネルギー環境教育が大事なのだということを踏まえて、教育課程のさまざまな場面でこのエネルギーの問題をぜひ扱っていただきたいということがまず第1であります。
  次に、このエネルギー環境教育をもう少し計画的、系統的に進めていくことが求められます。小学校の場合にはどちらも、生活科、総合的な学習の時間を中心としつつ、教科も含めて1年から6年までどう積み上げていくかということで研究を発表されていました。和束中学校も総合的な学習の時間を中核として、教科の学習と密接にかかわらせながら目標と内容の体系化を図ってエネルギー環境教育を展開しようとされていました。明石中学校は教科の学習を主として、その教科の関連をどう図っていくかということで進めておられました。どの学校にも共通しているのは、小学校で言うと1年から6年、中学校で言うと1年から3年、それとそれぞれの教科等の中でいかに計画的、系統的に学習を進めていくかということで、学校としての指導計画、カリキュラムというところに行き着いていただけばありがたいなと思います。
  京都府の学校のエネルギー環境教育で非常に実績を上げたところに木津川市立山城中学校があります。今、この山城中学校からはかつての中心だった先生方がどんどん異動されて、エネルギー環境教育を中心に取り組んでいた方が少なくなっているのですが、にもかかわらず継続しています。なぜ、それが継続できているかと最近お話を聞いたら、学校としてのカリキュラムが整っていて、それで指導計画のはっきりしているから新しく来た先生もそれを見てやれるのです。学校の中で、この問題は大事であるから続けるのだという全体の意識が続いているということです。ということは、やはり学校として、どう計画的、系統的に進めていくのかというあたりに、このエネルギー環境教育が成功するかしないかという鍵があるなと思っております。
  このセミナーを通して、先生方にいろいろな形でこのエネルギー環境教育に取り組んでいただければありがたいなと思います。

Copyright(c) The Society for Environment & Energy in Fukui Prefecture All Rights Reserved.