先生のためのセミナーレポート


テーマ: エネルギー・環境教育セミナー
開催日時: 平成21年11月27日(金)
場  所: 福井商工会議所ビル コンベンションホール (福井市西木田2−8−1)
主  催: 中部経済産業局 電力・ガス事業北陸支局
後  援: 福井県教育委員会、石川県教育委員会、富山県教育委員会
主  管: 福井県環境・エネルギー懇話会
■エネルギー・環境教育実践事例発表

テーマ

「エネルギー・環境教育への取り組み 平成19・20・21年度」
発 表:

棗小学校(福井県福井市)        教諭 田中 秀史 氏

(要旨)

 棗小学校では平成19年度から3年間エネルギー・環境教育に取り組んできました。平成19年度は福井市の学校版環境ISOへの取り組み、平成20年度からはエネルギー・環境教育実践校としての取り組みをしています。

1.H19福井市学校版環境ISO

 平成19年の「福井市学校版環境ISO」認定までは、申込み、計画書提出、実践、報告、現場確認、判定会、認定証交付という流れでした。特に現場確認は学校にとって大変緊張感のあるものでした。これは環境教育の実践的な推進を図るための支援システムで、福井市内の全小中学校が取り組んだと聞いております。
  棗校では、最初に教師の方で環境方針を定めました。四つの目標を約束として立てまして、その実践を通して「ものを大切にする心」「自然を大切にする心」をはぐくみますということで取り組みを進めていきました。
  実践の最初に環境ISO全校集会を持ちました。校長が地球の現状を話したり、スライドを使って、私たち一人一人が身近なところから環境に配慮した姿勢を示していくことの意義を伝えました。幼稚園から中学3年生まで全員揃っての集会でしたが、集会が終わりましてから子どもたちの声を聞きますと、どの子どもたちも環境のことを口にしていました。やはり最初にステップを踏んでやっていくことが大事かなと思いました。

1-1.各学年、委員会での取り組み

 小学校の各学年で話し合ってどんなことをするかと決めました。ごみの分別、節電、節水等に取り組みました。
  4年生は総合学習で環境問題などに取り組みました。ポスターをはったり、またはアルミ缶を集めたり、幅広い活動に取り組んでいます。このアルミ缶回収は毎年4年生が取り組んでいるものです。
  児童会としても取り組みを進めました。七つある委員会の四つが取り組みました。ハロー委員会は生活全般に関係のあること、ブックブック委員会は図書、フラワー委員会は花壇づくり、ランチ委員会は給食や清掃に関係のあることを通常はやっています。それらの活動と関連しながら、エネルギー・環境活動に取り組みました。ハロー委員会は、ごみの分別や物を大切にしようということを全校に呼び掛けていきました。ランチ委員会はごみの量を調べてグラフに書いて知らせ、ごみを減らそうという運動を進めていきました。

1-2.自己評価

  2カ月に1回子どもたちの取り組み意識を調査しました。水道水を節約する、文房具を最後まで使う、給食を残さないようにする等の達成状況がよくなっています。これらは子どもたちが取り組みやすい内容だったと思います。数字は大変細かいのですが、それを厳密にとらえてもそれほど意味はないかもしれませんが、継続するという意味ではこういったことを調べていくことは意識付けとしてよかったと思っています。
  一方、教師も自己評価を2カ月に1度行いました。節電、省エネルギー、省資源といった項目は教師もポイントが高くなっています。一方で、教科で環境問題を取り上げる、省エネルギーなどが体験できる授業を行うことはポイントが低いです。教師の意識付けとしてはやってよかったと思っています。

1-3.教科等の関連表

 どんなところでエネルギーや環境に関する授業を実践できるかということをつかみたくて関連単元表も作成しました。各教科、領域の中に少なくなくそのエネルギー・環境教育の内容が含まれています。いろいろなところでやることは可能と感じたのですが、担任がエネルギー・環境教育を意識して授業の内容や活動を膨らませていくことはやはり難しかったです。そういったときには外部の講師の力を借りるという工夫が必要なのかなと感じました。

1-4.外部講師

 外部講師に来ていただいて、昔の人々の生活が描かれたイラストを基に、今の暮らしとの違いを子どもたちが考えていく授業をしました。昔は動物や人間の力で行われていたことが、今は何らかのエネルギーに置き換えられているということを子どもたちがつかんでいきます。そして後半は、エネルギーを節約する方法をテーマにしたビンゴゲームをしながら、電気をこまめに消すとか買い物にマイバックを持っていくとかコップ1杯の水で歯を磨くことの大切さに子どもたちは気付いていきました。日頃行っている節電、節水の意義を、またここであらためて認識するよい機会になったと思っています。
  また、ご自身の生活体験からウズベキスタンの人々の生活や文化を教材にされた外部講師もいました。現地の子どもたちは水運びをしているそうですが、それを実際に教室で子どもたちが体験しますと、その大変さ、それから自分たちがエネルギーをふんだんに使って生活を便利にしているということに気付きます。そして、これから少し気を付けていきたい、または節約しなければいけないなといった気持ちを子どもたちは持っていきます。エネルギーとか環境を直接そのまま扱うのとはちょっと違うのですが、自分たちと違う暮らしや文化に目を向けさせていくということもエネルギーや環境について学んでいく一つの大事な手だてになることに気付かされました。そのときの感想ですが「電気の無駄遣いを結構している」「無駄な電気を使わずに」という意識が感じられます。

1-5.成果と課題

  平成19年度の福井市学校版環境ISOに取り組んで、年度末に成果と課題をまとめました。
  成果としましては、節電、節水等の行動が進んで見られるようになり、子どもも教師も共に環境に対する意識の高まりが感じられました。それから、電気や水道の使用量が実際に1割減りましたので、取り組みの手ごたえを得ることもできました。
  課題としましては、授業に取り入れていくということが難しくて十分できなかった、それと家庭での実践につなげていくのは難しいということで十分取り組めなかったことです。

2.H20〜エネルギー教育実践校

 平成20年度からはエネルギー・環境教育の実践校としての取り組みを始めました。3カ年の共通テーマとして「環境・エネルギーを総合的にとらえ、夢のあるくらしや未来を思い描くことのできる子の育成」を決めました。各年度のテーマも決め、見通しを持って実践を開始しました。

2-1.H21年度実践計画

 平成21年度のテーマは「環境・エネルギーの学びを生かし、自分たちにできることを実践しよう」です。取り組み内容としましては、低学年は自然環境の中で豊かな体験からエネルギーや環境について感じ取る。中学年はエネルギーを体で感じたり、生活の中で調べてエネルギーや環境について体験的に学び、省エネを日常生活に生かすことを考える。高学年は外部施設を利用して知識を深めたり、それを生かしてエネルギーや環境について学び、大量消費と地球環境問題について考えていくというものです。

2-2.実践活動
@低学年環境紙芝居H20.10.15

 講師としてアースサポーター福井のスタッフの方々が来てくださいました。「水の精、パチャとクリーンの冒険」「省くんエネちゃんある夏の一日」という二つの紙芝居を聞きながら、そしていろいろな説明を聞きながら環境について子どもたちは学んでいきました。
  この紙芝居には地球を守るため水や電気を大切にしてほしいという願いが込められていましたが、低学年の子どもたちでもそれをしっかりと受け止めながら、節電・節水の大切さに気付いていったようです。小さい子だから大丈夫かなという思いも最初はあったのですが、1年生とか2年生でも紙芝居などを通してそういったことをきちんと受け止めてくれましたので、小さいうちからでも可能だ、継続することが大事なのかなと思われました。

A低学年風と遊ぼうH21.10.23

 幼稚園から1年生、2年生でやった活動ですが、ペットボトルと紙皿で風車を作って、それで遊びました。最初は学校の周辺でやり、遠足のときにグリーンセンターでまたやるということで2回ほど楽しみました。子どもたちは走って回すのですが、そのうち止まっても回るということに気が付いたり、風がよく通るところを見つけたり、ここには風がある、風が吹いたということに気付くということで、とても面白い活動になりました。2年生の子どもたちは3年生になると風やゴムで動かそうという理科の学習をするのですが、その先行体験として面白いなというアイデアも練ることができました。

B中学年総合学習H20.10.7

  4年生の総合学習で、地球にやさしくというテーマで地域の水や空気について調べて子どもたちが発表をしました。一つのグループは簡易水質検査セット、パックになったものを使いまして、棗の校区内にあるわき水の調査をしました。CODなどを調べ、発表会を持ちました。
  4年生はアルミ缶のリサイクルもやっていて幅広く学んでいたのですが、こういったことが5〜6年生でエネルギーを学ぶ上で縦のつながりになるかなと思っています。

C中学年理科学習H20.10/H21.10

  3年生の理科の学習です。光あつめでは、太陽熱を集める鏡を使ってサツマイモを調理しました。風やゴムで動かそうの学習では、風力発電などにつなげて学びを深めることができるかなと思っています。

D中学年緑のカーテンH21.5.9〜

  4年生が取り組んだ緑のカーテンは、ふくいピュアライオンズクラブの方々に器材や苗植えの全面的な支援を受けました。
  学習として子どもたちがいろいろ調べたのは9月になったのですが、この緑のカーテンが広がっている保険室と4年生の教室とを比べますと2度ほど温度が違っていました。子どもたちはそれを「緑のカーテンの威力だ、すごいな」と言いながら勉強を進めていました。子どもたちの手ごたえとして大変よかったのだろうと思っています。ただ、教室がちょっと暗くなってしまうという問題、課題もありまして、この活動を次の学年どうつなげていくかと工夫のしどころです。

E高学年発電所見学H20.10.22/H21.7.10

 今の6年生が5年生のときに水力発電所に行きまして、それから6年生になって原子力発電所に行きました。
  水力発電所は大野市の九頭竜ダムにある長野発電所を見ました。初めての発電所見学ですので、事前に学校にある手回し発電機などを使って発電体験などもして行きました。今年行った原子力発電所では体験学習もしました。
  いろいろなエネルギー関係の学習をする中で言葉に慣れて、子どもたちはそんなものに抵抗がなくなって分かったという気持ちになった、それは継続した成果かなととらえています。6年生はその後理科の学習で電流の働きをしますので、そのときにこういった学習が何かつながって深まってこないかなと期待しています。

F高学年出前講座H207.15/H20.10.22/H21.11.5

 「せーじ・けーすけ」という漫才師が来てエネルギー教室をしてくれました。地球温暖化の問題や新エネルギーを扱っていましたので内容はちょっと難しかったのですが、やはりプロの漫才師のトークということで、子どもたちは最後までとても集中して聞いていました。後半はうちわでプロペラを回して電気を起こす、それからその電気をためてミニカーを走らせるという活動もありましたのでとても楽しい学習になりました。
  今年は自転車発電をしました。学校ではなかなか実現ができないということで、専門的な方にお願いをしました。このときは原子力開発機構の福井事務所の方々が器材とか指導してくれました。その方々にはこれまでずっと継続して支援を受けています。学校としてはそのおかげで大変やりやすくなっています。そういった学校ではなかなかできない部分を専門的な外部機関の方々に助けてもらうということは効果的、大事だなとあらためて感じました。
  昨年やったエコクッキングのテーマは地球にやさしいラーメンづくりで、保護者を交えながらの授業になりました。

G高学年総合学習H21.10.15

  5年生の総合学習は風力発電をしました。また、レモンに金属板を突き刺して電気を起こそうというレモン電池づくりですが、教師がやってもなかなかうまくいかなかったのです。やっと電気がついたといったことを体験していきます。これはエネルギー・環境教育の一つの面であると思うのですが、教師も一緒になって調べないといけない、子どもと一緒に探ったり工夫したりしないとなかなかうまくいかないというところは学習の在り方としては大変面白い、新しいところではないかと感じています。

2-3.購入実験器材

 エネルギー・環境教育実践校になったということで買うことができた器材です。エコワット、手回し発電機、太陽クッカー、光電池、風力発電キット、川の水調査セット、デジタルCO2・O22チェッカー、ワイヤレス温度計、放射温度計などをこれまでに活用しながらやってきました。こういった器材の充実も一つの課題ではないかと感じています。

2-4.成果と課題

 成果としましては、教師がエネルギー・環境教育にかかわる指導実践を積み上げることができました。また、エネルギー・環境教育を支援してくれる外部機関との連携を深めることができました。
  子どもたちはエネルギーや環境に関する知識、それから調べたいという意欲を確かに広めています。
  また、エネルギー・環境学習に必要な器具等は充実しつつあります。
  課題として、エネルギー・環境教育に導入に伴って学校教師の負担は増加していて、多忙化を感じています。
  学力向上、地域との連携、中学校区教育等求められることがたくさんありますが、その中でエネルギー・環境学習にどれだけの時間を使っていくか、配分していくか、難しいところです。
  実践校としてやっているうちは頑張るのですが、その後続けていけるかという点で、やはり継続させるための工夫が必要です。
  地域や家庭の差があり、学校の広報活動もまだ足りないのではないかと思っています。

Copyright(c) The Society for Environment & Energy in Fukui Prefecture All Rights Reserved.