教育支援事業報告|先生のためのセミナーレポート|教育に関する調査・アンケート結果  

 

先生のためのセミナーレポート

 

 

テーマ: 総合的な学習における環境・エネルギー教育セミナー
開催日時: 平成13年12月6日(木)13:00〜16:30
場所: 福井県生活学習館
主催: 中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局
後援: 福井県教育委員会、福井市教育委員会、福井県中学校長会、福井県小学校長会
主管: 福井県環境・エネルギー懇話会
内容:
■事例発表
(小学校)
 進行:松木 健一氏(福井大学教育地域科学部助教授)

 
 ◇実践校 
テーマ: 私たちのまち環境探検隊 第5学年
講 師:  福井県福井市日之出小学校 教諭 塚本 康一 氏

テーマ: 「ほたるの光 希望の光 夢あふれる社西」
 −第6学年「西っ子あいアイ広場」学びあい活動−
講 師:  福井県福井市社西小学校 教諭 久保 浩仁 氏
                栗波 美恵子 氏

テーマ: 「スッキリ大作戦とともに歩んで」
講 師:  神奈川県川崎市私立カリタス小学校 教諭 堀 徹造 氏

テーマ: 「ふるさと諏訪のために」
 −自分やともだちのために−
講 師:  長野県諏訪市城南小学校 教諭 小林 高志 氏

 

(中学校)
 進行: 西山 晴二 氏(福井市鷹巣中学校長
              福井県中学校総合的な学習の時間研究部会長)


 ◇実践校

テーマ: 「総合基礎「エネルギーと人間社会」における
            環境・エネルギー教育の実践」
講 師:  福井県福井市鷹巣中学校 教諭 南部 隆幸 氏

テーマ: 総合的な学習につなぐ環境・エネルギー教育の実践
講 師:  福井県敦賀市気比中学校 教諭 河合 智之 氏

テーマ: 「環境教育におけるエネルギー学習」
 −京都府福知山市立桃映中学校の総合的な学習の取組みから−
講 師:  京都府福知山市南陵中学校 
    教諭(元福知山市桃映中学校教諭)岸本 裕治 氏

テーマ: 「エネルギー教育」
講 師:  京都教育大学附属桃山中学校 教諭 田中 曜次 氏

パネルディスカッション
テーマ: 「総合的な学習における環境・エネルギー教育を考える」

コーディネーター:

松木 健一 氏(福井大学教育地域科学部助教授)
パネリスト: 西山 晴二 氏
(福井市鷹巣中校長
 福井県中学校総合的な学習の時間研究部会長)
栗波美恵子 氏(福井市社西小教諭)
堀  徹造 氏(私立カリタス小教諭(川崎市))
河合 智之 氏(敦賀市気比中教諭)
岸本 裕冶 氏(福知山市南陵中教諭)
清川  忠 氏(清川メッキ工業(株)取締役社長)
「総合的な学習における環境・エネルギー教育を考える」というテーマで、主に2つの柱を中心にパネルディスカッションが進められた。
1つ目は、総合的な学習を通して、環境やエネルギーを含んで、地域と学校との関係が大きく変わっていくのではないか、その契機に総合的な学習がなるのではないか。2つ目は、その総合的な学習の中で、具体的に環境やエネルギーの問題をどう取り上げていったらいいのかを論議した。
 1つは、学校の中だけで学んでいるのではなくて、外に向かって出ていくことで、子どもたちが事実に出会い、その事実の中でいろいろな人やものと交渉したり、人の反応を確かめたりしていく中で、生きた事実を学んでいくことができるのではないか。
 今まで学校は、地域を考えるときに、自分たち学校に都合のいい素材を地域に求め、地域の素材を使って、学校の中で教育を構成してきた。しかし、今求められているのは地域の願いや地域が学習内容を提供して、学校の学習が生まれることも十分にある。もう少し突きつめていくと、地域づくりに学校が関与していくという姿勢が必要ではないかということであった。
 また、環境とエネルギーの問題を考えていくときに、教師の願いと子どもの興味・関心から学習がつくられていくが、子どもの興味・関心を通して、自分づくりや自己発見がなされていかないと、しっかりした子ども自身の学習にはなりえないのではないかということ。自己発見や自分づくりは、いろいろなことを学習の中で知ることで、自分に気づいていくことができそうだ。そして、その知るということは、本物に出会い、その感性でそのものをしっかりとらえていく。そのことが知ることに近づいていくのではないかという話があった。
 最後に出た問題として、教育を行っていくときに、それはやはり自分づくりであると同時に、自分の成長を通して家族や地域全体が変わっていけるということに結びついていかなければならない。そんなときに、子どもたち自身の真剣な取り組みを見守る家族そのものにも変化を与えていくことができるだろうし、家族の中で水や電気など物が何もないという経験などを通して、環境やエネルギーの問題を真剣に取り組んでいくことにつながっていくだろうと纏めた。

 

 

Copyright(c) The Society for Environment & Energy in Fukui Prefecture All Rights Reserved.